薬膳

人与天地相応也、与日月相応也。故月満則海水西盛、人血気積、筋肉致、毛髪堅‥‥

「黄帝内経」は、中医学の基礎理論の基となった経典です。解釈の難しさや矛盾したところもあり、まだまだ解明されていない部分もたくさんあるのですが、人と自然・宇宙の関わりを重視した考えのもとに綴られており、自然と共に存在することが人の正しい生き方...
健康

認知症を考える

とある生命保険会社が行ったアンケートで、「最もなりたくない病気」の第一位は「癌」を押さえて「認知症」だったそうです。しかし、「何か対策をしているか」と聞いたところ、84%は「いいえ」という回答だったそうです。何もしていない、というより何をす...
薬膳

側柏葉

薬膳で使う食薬をピックアップしました。側柏葉(そくはくよう)分類   理血類(止血類)五気六味 寒(微寒)/苦、渋帰経   肺、肝、脾、大腸熱をもったことからの出血、喀血、吐血への働き、生理の出血が多い時。痰をとり、咳を抑える働き。脱毛、白...
薬膳

何首烏

薬膳茶で使う食薬をピックアップしました。何首烏(かしゅう)分類   補血類五気六味 微温/甘、苦、渋帰経   肝、腎血を補う。精血の不足からくる腰や膝の痛み、目眩、白髪、便秘に作用。ツルドクダミの根茎ツルドクダミの葉のついた茎は夜交藤(やこ...
薬膳

生気通天論③

陰陽のバランス陰は体の奥にあり、生命の原動力である精気を貯える。陽は体の外を防衛し、筋肉を強壮させる。陽が強すぎると、外へ発散し過ぎてしまう。陰が強すぎると、内へ溜め込み過ぎてしまう。陰陽の平衡をはかると、気血水がそれぞれの道に沿って流れ、...
健康

感染症に負けない身体を作る

感染症の時代薬膳も好きですが、普通に健康オタクで、現代栄養学についても情報を集めたりしています。21世紀は、感染症の時代と言われておりまして、コロナウィルスに翻弄されたここ数年ですが、コロナウィルスも5類になり季節性インフルエンザと同等の分...
薬膳

生気通天論②

陽気の作用陽気は、体の外側を囲って外邪から身を守っていますが、寒気に遭遇すると体の中に引っ込んでしまいます。陽気は、熱と活動の性質があります。体内に陽気がこもると、体が熱して興奮しやすくなります。この時、暑さが加わると、体が灼熱して煩燥状態...
薬膳

生気通天論①

自然に逆らわない「四季調神大論」では、四季に逆らわずに過ごそう。となっていましたが、四季を作っているのが、陰陽のバランスになります。「気」は「陽」、「血・水」は「陰」になります。「陽気」は身体の表面(陽)で身体を防御し、「陰血・陰水」は身体...
薬膳

四気調神大論

四気調神大論素問第に篇「四気調神大論」は、四季にあった、自然の規則に従った生活をすることで長生きできるよ。ていうか、しないと死んじゃうよ。ということ、次に来る季節に対しての養生をする。つまり、病になる前の予防が大切だよ。と言っています。春の...
薬膳

上古天真論

黄帝内経薬膳は中医学に基づいて弁証しており、中医学の理論体系を確立・発展させる基礎となる医学書である『黄帝内経』は、気になりながら、なかなか敷居が高く取り組めていませんでした。講師資格も取得したし、教える立場としてはやはり入れておかないとい...